花火ができるまでCREATE

日本の花火は世界一美しいと言われています。
なぜなら、日本の花火は丸く均等に多彩な色合いで夜空に開くからです。
ここでは世界でも群を抜いた美しさを誇る、日本の花火がどの様にできるのか、
花火ができるまでをご紹介致します。

配合

 
まず初めに薬品を調合する作業から始まります。
様々な種類の原料薬品を混合し、色の元となる火薬を作ります。
計量した原料同士を何度もふるいにかけて完全に混ぜ合わせます。
この工程は特に危険を伴う為、慎重に正確に行う必要があります。 

星掛け

 
 
配合した火薬を星と呼ばれる丸い形状に太らせていきます。
回転釜を利用し芯の上に水分を与えながら火薬を少しずつまぶし、均一に太らせていきます。これを天日で干し完全に乾燥させます。
作成したい花火の大きさに適した星のサイズになるまでこの作業を繰り返します。
星は夜空に輝く色そのものであり、上空で花火が開いた際に星全てが同時に変色し同時に消える事が良い花火の条件となります。
その為星は全てが均一で丸く、大きさが揃っている事が重要であり、良い星を作るには熟練した技が必要となります。 

仕込み

 
 
完成した星を玉皮と呼ばれるボール紙で出来た半球の容器に並べていきます。
丸く美しい花火にする為には、この仕込みの際にも均等にバランス良く星を並べる事が重要になります。
星を並べたら間に和紙を敷き、割火薬(玉皮を割り、星を飛ばす為の火薬)を詰めます。この割火薬も星が上空で均等に綺麗に飛ぶ為には均一に詰めなければなりません。
完成した2つの玉皮を内部を崩さない様に慎重に合わせます。
そして木の棒で軽く叩いて内部を馴染ませながら完全に閉じ、テープで固定します。 

玉張り

 
 
糊付けしたクラフト紙を完成した玉に貼っていきます。
何重にも紙を貼っていく事で玉に張りと呼ばれる強度を付け、それにより割火薬の爆発する威力とそれを押さえつけ様ようとする玉殻の反発力で夜空に大きな花火が花開くのです。
クラフト紙を玉に合ったサイズに切り、縦・横・斜めとあらゆる方向から均一に貼っていきます。貼りの弱い部分が出来れば玉の割れる バランスが悪くなり、花火は丸く開く事が出来ません。丁寧に均一に貼っていくことが必要なのです。二、三回貼っては天日で乾燥させるという工程を繰り返し、大きい玉では約60枚、1ヶ月程度をかけ貼っていきます。 

梱包

  長い時間をかけ、最後にようやく完成した玉を打ち上げられる様に加工します。
打揚げ火薬(花火を上空に打ち上げる為の火薬)を玉のサイズ毎に計量し、また打揚げ火薬が玉の親導(玉の外側から内部に火を伝達する導火線)に容易に着火するよう親導に着火線を通し加工します。
更に、花火が上空に上がる途中に色を出す朴や、音を出す笛等もここで取り付けます。 

打ち上げ

  いよいよ完成した花火が夜空で輝く時を迎えます。
鉄製やステンレス製で出来た円筒形の打ち上げ筒を並べ、花火が垂直に上空へと打ち上がる様パイプ等でしっかりと筒を固定します。
安全を考慮し主に電気で花火を点火する為、花火に点火玉(少量の電圧を与えるとスパークする物)を打揚げ火薬に取り付け、そこからコードを点火器までつなぎます。
現場の状況や打ち上げの構成等に合わせ点火器を使い分けて花火を打ち上げます。音楽と合わせて花火を打ち上げる場合等は事前にどの玉をどういったタイミングで打ち上げるかをパソコンでプログラミングし、専用の点火器を使用して打ち上げます。 

山ア煙火製造所

〒300-1264
茨城県つくば市泊崎539-1

TEL 029-876-0437
FAX 029-876-2937